読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MARINOTE

韓国で大学生している日本人女子が考えるあんなことやこんなこと

韓国の大学の授業ってどんな感じ?実習授業は容赦なかった

 

海外大学の情報で一番手に入りにくく、でも一番気になることといえば授業の内容!
海外の大学はハードだとか課題が多いとか言いますが実際のところどうなんでしょうか?


今回は私が今まで聞いた授業の中で一番印象に残っている実習授業をご紹介します!

 

 

 

どんな実習をするのか?

私が受講したのはニュースの記事の書き方を習う専攻の授業です。速報やインタビュー記事など様々な文型の記事を実際に書いて勉強します。

 

教授は某韓国主要紙の元記者

担当の教授は韓国で主要紙の一つである某新聞社で記者として活躍された方でした。詳しくは書けませんが。。

 

初課題「警察署いってこい」

なんで一番印象に残っているかってとりあえず教授がぶっとんでたんですよ。
まず最初に課題として警察行って職位表(連絡網的なもの)もらってこいって言われました。
当然そんなもの受け取れるわけないですww(コネある学生はもらってましたけどね)
もらってくるだけじゃなくてもらってきた過程(もらえなかったらもらえなかった過程)を記事形式でレポートとして提出します。

 

課題は2週間に一回

そんな感じで記事を書く課題が2週間に1回ありました。
本当は週一であったんですが学生からの抗議で減りました。
もちろん毎回警察に行くのではなく、仮想事件で記事を書いたり、インタビュー番組を記事におこしたりという課題もありました。

 

授業中に添削した課題を公開

提出した課題は教授が添削し、授業中に全員の前で公開されました。もちろん外人も関係なく。
精神的に応えましたね。人名間違えてたときはかなり恥ずかしかったです。
でも教授はちゃんと見てくれる人だったんで褒めてもくれました。それは励みになりましたね。

 

3人一組で過去の重大報道について発表

グループ発表もあって、韓国の過去の重大報道について各グループ発表しました。
教授が指定した報道タイトルの一覧から選んで先着順でグループがわかれたんですが、私はぱっと見てわかるものが金日成死亡報道しかなかったのでそれを選びましたw

 

2度目の「警察署いってこい」

最後2つの課題はどちらもインタビュー記事だったんですが、一つはまた警察行ってこいでした・・・
私は近くの警察署の優しいおじさん警察官にインタビューして記事を書きました。
本当に緊張して全然喋れないしメモとれないしで頭真っ白になりかけましたが、やさしいおじさんでよかったあ。。

 

https://www.instagram.com/p/wd3bo2nGD9/

 


授業で習った内容は公開できませんが実習授業は学期を通してこんな感じで行われました。
韓国人にとってもなかなかハードな内容だったと思います。警察に行ったりね。。。
でも授業でなかったらそんな経験なかっただろうし、教授もたくさん課題出す分、全て目を通して添削してくれるし、授業中に貴重な資料を公開してくれたりと全く手を抜かない教授だったのでとても充実した授業でした。

授業の雰囲気は通っている人にしかわからないので情報が得にくいと思います。韓国の大学に興味を持っている方に役に立てば嬉しいです!

 

広告を非表示にする