読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mariNote-まりのーと-

韓国で大学生してる日本人女子のブログ。

成均館大学の3つの講義スタイル

韓国 留学 韓国正規留学

 

f:id:marino_dayon:20160616214140j:plain

大学によって様々な授業スタイルがありますが、基本的に韓国の大学はオンラインシステムを導入しているところが多く、授業にも多く活用されています。

私の通う成均館大学通信制大学ではありませんが、オンライン学習システムが活用されていて、「講義室での授業」ではないスタイルでも授業が行われています。

今回はそんな成均館大学の3つの授業スタイルを紹介します!

 

 

一般(オフライン)授業

f:id:marino_dayon:20160530184841j:plain

一般的な、大学へ行って授業をするタイプ。
ほとんどがこの形式でテストも学校で受けます。


レポート課題などは印刷して提出する場合もありますが、ほとんどの教授が学校のオンラインシステムを利用するので、課題提出や公示はオンライン上で行われることもあります。なのでオフラインの授業でも学校のサイトもチェックしていないと大変なことになります。

英語の授業の場合、講義を録画したものをネットで見れるようにアップロードしてくれる場合もあります。

 

 

インターネット(オンライン)授業

f:id:marino_dayon:20160530184920j:plain

学校のオンラインサイトで講義を見て出席チェックもする授業です。
大体の授業がオンラインのみですがたまにオフラインでも授業をするものもあるようです。
もちろんこれも出席が成績に反映されるので、毎週アップロードされる講義を期間内に見て出席をとります。

でも完全にオンラインではなくて、テストだけはオフラインで行われます。土日の二日間で行われるので全部オンラインで受講するのはほぼ不可能だと思います。それでなくても2つが限界かな。

クリックで出席だけとって授業を聞かず、PPTだけで勉強する学生が多いようです。授業も教授と直接コミュニケーションをとれないので講義を聞いてる感はないかも。

 ネット環境さえあればアプリででも講義を聴くことができるのでたまにカフェで優雅に勉強している学生もいます。

 

 

Blended(オン&オフ)授業

たまーーにあるこの授業、オンラインでもオフラインでも授業が行われます。
どのように授業が行われるかは教授によって変わってきます。私が今学期初めてとったBlended授業では、オンラインで1時間ほどの講義を行い、オフラインでチーム課題というスタイルになっていました。1時間45分の授業時間内で出された課題をチームで解いてレポートを完成させます。なかなかハード。。

 

 

 

授業を聞くと言っても授業スタイルによって1学期の過ごし方が変わってきます。大体がオフライン授業をとりますが、オンラインとの組み合わせによってはほとんど学校に来ない学生もいますw 毎週末連休を作ることもできるので、たまに日本に帰ることもできちゃうかも。交換留学生はオフラインしかとれないのかな。。。

 

もしこんな授業スタイルもあるよ!ってのがあったら是非シェアしてください~^^

 

 

 

 

広告を非表示にする