読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mariNote-まりのーと-

韓国で大学生してる日本人女子のブログ。

留学中に日本人に会わないなんてもったいない!海外にいる日本人に会うべき理由

留学 考察

 

f:id:marino_dayon:20160619162328j:plain

学期末を向かえて、また今学期も別れの時期がやってきました。
交換留学生は短くて1学期、長くて1年と人によって期間はばらばら。なので毎学期終わるたびにいろんな人との別れがあります。
昨日は長くお世話になった日本人の正規生の先輩と日本の大学からの交換留学生と最後のお食事でした。
さみしい気持ちはありますが、みんなこの先の活躍が期待できる人達ばかりなので、すでに次に会うのが楽しみでもあります。

 

さて、もうお気づきでしょうが、私は海外では積極的に日本人に会うようにしています。

韓国にいる正規生はもちろん交換留学生、語学堂生、ドイツでもセブでも日本人の友達ができました。

よく「留学しているのに日本人とばかり絡んでいてもったいない」という意見もありますが、私はどちらかと言うと「海外では日本人に会っときな!」と助言するタイプです。もちろん日本人だけに偏るのは問題ですが、海外にいる日本人と会うのにはメリットがあるからです。

今回は私が海外で日本人に会うべきだと思う理由をシェアします。

 

 

 

海外にいる日本人はみんなちょっと変わってる

これ一番の理由w
海外にいる日本人ってやっぱりちょっと変です。変わってます。いい意味で。

今、お前もだろとか思ったな?

まあ私も含めですが、やっぱりみんな何か変なんですよねえ。

旅行ではなく異文化の中で生活しようなんて思っちゃうくらいですから、バイバル精神があるし、好奇心旺盛。向上心もあるし、ものの見方が日本の常識とはかけ離れてたりする。
とにかくひとりひとり個性が強すぎるから一緒にいておもしろいんですよね。

 

日本では会えなかったであろう人に会える

同じ日本出身とは言え国内の出身地は様々。しかも意外と東京以外の出身の人が多いんですよね。
それにみんながみんな東京に行くとは限らないし、東京にいる人だけがすごい人ばかりじゃない、東京を拠点にしていない人もいっぱいいる。
私は地方出身なので特に感じることなのですが、日本では会えなかったであろう人に海外でなら会えるチャンスがある。
アメリカやヨーロッパだと留学先もいろいろで土地も広いからまた感覚が違ってくるんだろうけど、韓国だと留学と言えばやっぱりソウルが主流だから、みんなソウルに集まってくる。だから日本だと会えなかった人に簡単にソウルで会うことができちゃうんです。例えばあのtwitterで有名な人とかに・・・!

あと「日本で会いましょう」って言ってもなかなか会えなかったりする。まさに一期一会。地方組だと「ソウルで会おう」ってなって意外と海外の方が会いやすい。

 

 

情報源が増える

海外在住者、留学生は現地民以上にトレンドに敏感だったりする。そして同じ国が好きとはいえ、見る視点が個人によって全然違うから、会う人が増えれば増えるほど情報源が増えます。いろんな情報を得ることができます。
自分だけじゃリサーチできなかったことや知らなかったことを教えてもらえるチャンスが増えます。


自分も何か情報を伝えれるようにならなきゃなあ。。。

 

 

バックグラウンドや専門の違う人に会えば視野も広がる

海外に来ている人は出身地だけじゃなく、それぞれ専門やバックグラウンドも様々。自分とは違う視点で物事を見るし、専門知識も豊富なので「ああ、そういう見方があるのかぁ」と話を聞くだけでもおもしろい。

例えば私がドイツで会った方は建築を専門としていて、一緒に旅行に行った際にドイツの建築物についていろいろ説明してもらえてとても楽しかったです!一人で行ってたら写真撮るだけ撮って終わりだっただろうな。

 

これだけは注意:やる気のない人とは関わるな

もちろん日本人なら誰にでも会っておけというわけではありません。人間関係の取捨選択も大事。(これは海外に限らないけどね)
留学では限られた時間の中で最大限の成果を得ることが第一なので、やる気のない人やただただ遊んでるだけの人に関わると損します。多分これが「日本人だけでつるむな」って言われる所以。
そこら辺は自分でしっかり線引きしましょう。

 

日本人でも向上心のある人、やる気のある人、常に上を目指している人との関わりは絶対自分にもプラスになるはずです。実際に私は海外であった日本人の先輩方にたくさんの刺激をもらってきましたから!異国で孤軍奮闘する方も、たまには日本人に会ってリフレッシュするのはいかがですか?