MARINOTE

韓国で大学生している日本人女子が考えるあんなことやこんなこと

カルチャーショック!?ケルンで出会った超個性的なコスプレ

f:id:marino_dayon:20160630174603j:plain

Alaaaaaaaf!!!

毎年11月11日11時11分、ケルンではカーニバルが始まります!

 

ケルンのカーニバルとは・・・

「ファッシング」、「ファスナハト」あるいは「カーニバル」は、特にラインラント地方やドイツの中でもカトリックの影響が強い地方の古い風習です。その中心地はマインツ、ケルン、デュッセルドルフ、ボンです。南ドイツではアレマン地方の伝統的ファスネットを祝います。この「5つ目の季節」は 11月11日に始まり、灰の水曜日に終わります。お祭りの騒ぎがハイライトを迎えるのはいわゆる「汚れた木曜日」から灰の水曜日 (Aschenmittwoch)までの週です。バラの月曜日(Rosenmontag)には大規模なパレードが行われ、愉快な仮装をしたり、伝統的な民族衣装や仮面をつけてパーティーやパレードを楽しみます。この伝統の起源は冬を追い払う古い風習です。

 

ドイツ大使館HPより

 

だそうです!

この日はまじめなドイツ人も羽目をはずして大盛り上がり。みんな思い思いの仮装をして町に繰り出し、ビール飲んで、ソーセージ食べて、ビール飲んでビール飲んで歌って騒いでの無礼講が許される日です。

私もちょうどケルン滞在中にカーニバルに参加することができたのですが、前日まで無表情で通勤する人達でいっぱいだった朝の電車が、カラフルなコスチュームに身を包んだケルナーと興奮で満ち溢れていました。

 

そんなカーニバルで出会った仮装、コスプレは超個性的!定番のキャラクターものから、日本ではあまりないさすがドイツというようなものまであって、軽くカルチャーショックを受けるほどでした。

今回はその一部をご紹介します!

 

 

ケルン愛溢れる赤と白のコスチューム!

 

仮装、コスプレと言ってもキャラクターだけではありません。

ケルンカラーの赤と白をまとって全身でケルン愛を表現してます。

f:id:marino_dayon:20160630174634j:plain

これはご年配の方に多かった。歴代カーニバルのグッズやピンバッチで装飾してる人もたくさん。地元愛が溢れてます。

 

 

定番のキャラクターコスプレ!

 

日本のコスプレでも定番のキャラクターはドイツのものも負けてません!

こちらはシュレックとフィオナ姫

f:id:marino_dayon:20160630174651j:plain

カップルコスとかうらやましいぜ・・・

 

日本のキャラクターもドラゴンボールピカチュウをよく見かけました。

圧倒的に多かったのはミニオン

f:id:marino_dayon:20160630181824j:plain

しかもミニオンはカメラを見ると寄ってきます。写りたがりですw

 

この後姿は・・・!

f:id:marino_dayon:20160630174718j:plain

 

 

ドイツならでは!?あの偉大な音楽家にもなっちゃいます

 

ライン川のほとりで

f:id:marino_dayon:20160630174643j:plain

 

モーツァルト発見!!!

 

日本で言うと滝廉太郎のコスしちゃう感じ?久石譲?絶対してもわからないしする人もいない・・・

ドイツっていうよりヨーロッパならではなコスプレで感動しました。

バッハとかも見たかったなー!w

 

喧嘩しだすモーツァルトたち。

f:id:marino_dayon:20160630174701j:plain

 

 

え、なにそれ・・・な、一見何かわからないコスプレ

一見何かよくわからないけど、よくよく考えてみたらああ、、ってなる、でもなんでそれをチョイスしたのか謎な、今回で一番インパクトのあったコスプレがこちら。

 

 

f:id:marino_dayon:20160630174733j:plain

 

 

・・・・・・・。

 

 

やってる人が学校の先生の知り合いだったってことにもびっくり。モザイクいれたら余計怪しさ増したわ。

これが何かはここには書きませんが、お察しください。

 

なにはともあれ本人はすごく楽しそうにやってたのでよし。

 

 

同じコスプレでも日本ではなかなか見ないドイツならではな個性的なコスプレをたくさん見れて、お酒が飲めなくても充分楽しめたカーニバルでした。ケルンに行ってみようって人は是非11月11日に滞在してカーニバルに参加してみてください!!

 

 

広告を非表示にする