読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mariNote-まりのーと-

韓国で大学生してる日本人女子のブログ。

正規留学のための韓国語力はどれくらい必要?現役正規留学生が全力で答えます。

留学 韓国 韓国正規留学

f:id:marino_dayon:20160701174706j:plain

 


どの国に留学するにしてもまず必要になるのが語学力ですよね。まず言葉ができないと大学にはいけません。

 

特に韓国の大学への正規留学は、国際学部などの英語講義しか開設していない学科を除いて、韓国語ができなければ卒業に必要な単位をとることすらできません。韓国語は必須です。英語も必須だけどね・・・w


実は以前紹介した実習授業の中で、私は「正規留学生の韓国語能力問題」をテーマに、資料だけじゃなくて実際に学校本部の人や教授、韓国人学生にもインタビューして記事を書きました。

留学を目指す人にとって実際に大学に関わる人達の意見はとても貴重な情報だと思うので、
今回はこの「正規留学のための韓国語力はどれくらい必要?」という質問に、この記事をベースに、全力で答えます!!

 

 

 

大学が提示する入学条件はTOPIK3級

近年はほとんどの大学で入学条件としてTOPIK3級程度を要求しています。この基準は大学によっても少し異なってきて、TOPIKの証明書じゃなくても語学堂の修了証があれば大丈夫なところもあります。

 

TOPIK3級ってどのくらいのレベルだと思いますか?

 

TOPIKの公式HPに記載されているレベル別認定基準はこちら

 

TOPIKⅠ (1~2級) 1級 自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できる。800語程度の基礎的な語彙と基本文法を理解でき、簡単な文章を作れる。
2級 電話やお願い程度の日常生活に必要な言語(ハングル)や、郵便局、銀行などの公共機関での会話ができる。1,500~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できる。
TOPIKⅡ (3~6級) 3級 日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能。
4級 ニュースや新聞をある程度理解でき、一般業務に必要な言語(ハングル)が使用可能。よく使われる慣用句や代表的な韓国文化に対する理解を基に社会・文化的な内容の文章を理解でき、使用可能。
5級 専門分野においての研究や業務に必要な言語(ハングル)をある程度理解でき使用可能。
6級 政治・経済など全般的なテーマにおいて不便なく利用可能。ネイティブ程度までではないが自己表現に問題なく話すことが可能。

TOPIK公式サイトより

 

これによるとTOPIK3級は日常生活程度です。


これって大学生活に妥当な数字なんでしょうか・・・?

 

 

 

入学条件の言語基準は大学ではなく政府に決定権がある

実はこの入学条件にある韓国語のレベルは大学側ではなく韓国政府に決定権があるんです。大学側は自由に級数を変えることはできません。

 

もともと韓国政府は留学生誘致に力を入れてきたんですが、'11年ごろから留学生数が減少、学業生活に適応できなかったり、韓国の排他的な文化などによって一部の留学生が反韓感情を抱いたりと問題が露呈していました。そこで政府が出したのが、親韓人材育成のための留学生誘致戦略です。その中で入学条件であるTOPIK級数が3級、高い韓国語能力が必要とされない理工学系では2級にさげることが決められました。(そのためには大学側で入学後の韓国語学習制度が必要となりますが)

 

これに大学側は従わなければいけないので入学条件が低いわけなんですね。

 

ちなみにですが大学側はこれに対し、TOPIKだけで韓国語能力を判断しないために自己推薦書の提出を要求していて、入学後の語学力向上のためのサポートも行っているそうです。実際にその後どうなるかは個人の努力次第、だそうです。

 

 

 

TOPIKでわかる韓国語能力って?

実際、TOPIKでわかる韓国語能力はリスニング、リーディング、ライティングのみです。スピーキングはテストに含まれていないので判定できません
なのでどんなに喋れなくても読み書きさえできていればなんとか3級はとれちゃうんですよね。

だから提出する書類は結構簡単に用意できてしまいます。

 

もし大学が入学試験に面接を設けていたら、韓国語が喋れないことを見抜かれてしまうと落とされます。
でもこれも聞いた話、韓国語の上手い下手にはあまり関係がなさそう。堂々と話せているかってのがより重要な気がする。

 

問題なのは面接すらない大学。うちの大学ですねw
書類さえ提出すればその他に見られることがないので、3級の証明書類さえ用意すればどんなに韓国語が喋れなくても基準が満たせてしまいます。

 

 

 

 在学生、教授の意見では最低でも6級は必要

入学条件では3級と決められていても、実際に大学ではどれくらいの韓国語レベルがあれば問題なく大学生活をおくることができるのでしょうか?

 

私は課題の記事を書くために教授、韓国人学生、正規留学生にインタビューをしました。

 

まず外国人専用の授業を多く担当する教授の意見では5級以上は必要とのことでした。授業中に教授との会話すら成り立たない学生もたまにいてもやもやするそうです。教授も大学の入学試験には疑問を抱いているようで、TOPIKで判断できないスピーキングのレベルを確かめるために面接は最低でも行わなければいけないとおっしゃっていました。

 

韓国人学生も5級以上が必要だと答えました。個人で授業を聞く分にはかまわないんですが、チームプロジェクトがあると韓国人学生とのコミュニケーションは不可欠です。そのときに意思疎通ができないなどの問題で外国人学生と一緒にチームプロジェクトをこなすのは少し不便だと感じるそうです。


正規留学生の意見は絶対6級でした。これには私も同意見です。
やっぱりひっかかるのがチームプロジェクト。韓国の大学にいてチームプロジェクトをせずに卒業なんてほぼ不可能です。必ずどこかで韓国人学生と一緒に課題をこなすことになります。成績はチームとして評価されるので連帯責任、できなければそれだけ周りに迷惑がかかります。
大学側は語学面のサポートも行っていると言いましたが、リアルな話、授業を聞きながら語学勉強をすることは、不可能ではありませんがかなりしんどいです。私の場合は授業と時間が重なってセミナーに参加すらできなかったし。学業をこなしながら語学力が伸びることはあっても、「韓国語の勉強」をする余裕は新入生にはないんじゃないかな。

 

 

 

TOPIKはただの基準であり前提 より重要なのは根本的なスキル


TOPIKはただの言語レベルの基準でしかありません。そしてそれは入学するときの前提、できてあたりまえのことです。

 

それよりも大事なのが、言語に関わらず、文章を書いたり会話したり、コミュニケーションをとるための根本的なスキルです。
母国語で論理的な文章を書いたり、発表したり、コミュニケーションをとる能力がなければ、どんなに韓国語ができたとしても大学生活をおくるのは難しいです。

 

私も条件を満たして入学しましたが、レポートの書き方自体よくわかっていなかったので、まずは日本語で文章を書く練習からしました。今でも提出するレポートは全て日本語で書いてから訳すようにしています。そうしないと論理的な文にならないのでTT

 


韓国に限らず、どの国に行くにもまずは入学条件として要求される言語スキルを満たすために必死になりがちですが、それは入学資格をもらうための努力に過ぎません。そこで満足していては卒業にはたどりつけません。本当に必要なのはその後の学業をこなしていく実力です。

なので正規留学を目指す方はTOPIK3級、いや6級で満足せず、文章力やコミュニケーション能力をつける努力をしましょう。

以上が未だにレポート一枚書くのに苦戦している正規留学生からのアドバイスですw

 

この記事のベースになった課題を行った実習授業についてはこちらの記事をごらんください!

 

marinote.hatenablog.com