MARINOTE

韓国で大学生している日本人女子が考えるあんなことやこんなこと

日本が世界中から愛されてるという幻想をなくしたら親日も反日もどうでもよくなった

f:id:marino_dayon:20160705192744j:plain

海外旅行に行ったり留学したりしていると、親日反日といった言葉を必ずといっていいほど耳にします。


この言葉を発する人は何気なく使っているだけかも知れませんが、私はこの言葉があまり好きではありません。

 

その言葉は日本人の自己中心的な考えからくるものであり、ほとんどの場合が事実無根だからです。

 

今回は私がそう感じるようになったきっかけとなった出来事と、この言葉に関して感じることをシェアします。

 

 

 

日本が世界中から愛されているという幻想


愛されていると言うか、賞賛されているっていう幻想が日本にはあると思うんです。

 

特に近年では日本賞賛番組が目立つ。まるで日本の文化や技術が世界で一番秀でていて、世界中のあらゆる国の人がそれを求めているかのような"演出"が施されている。

メディアがそうやってとりあげるから、みんなまるで日本が、日本人が世界から愛されてると思っちゃうんですよね。

 

世界中の人が日本という国を知っていて、皆がみんなmade in Japan最高!って言ってくれて、日本人だと信頼されるって勘違いしてる人が多い気がする。


日本人であることに変な優越感を抱いてる人がいる。

 

 

幻想が行き着く先は過度な二極化

で、この優越感、というかずうずうしさが度を越すと、なんでも親日反日、差別といった言葉で判断するようになるんです。

「旅行先で冷たい態度をとられた。あの国は反日国家だ。差別的だ。」とか、

「日本人だからいい待遇をしてもらった。あの国は親日国家だ。」って。

日本に住む外国人がちょっと日本のことを批判すると「お前は反日だ。そんなに日本が嫌いなら出て行け。」だとか。

 

 

日本ってどこにあるの?の衝撃で目が覚めた

かくいう私もその幻想を抱いていた一人でした。
だって日本好きですもん。安全だし、住みやすいし、ご飯もお菓子も美味しい。
香港で見た夜景では日本企業の看板が光ってるのが見えた。
東京は外国人でいっぱい。今やMANGAは世界共通語。
日本って愛されてんなーーーっって思ってました。

 


その幻想をいとも簡単に打ち砕かれたのがセブ留学中でのできごと。

レッスン中に先生に質問されました。

 

「日本ってどこにあるの?」(笑顔)


ん?

 

最初は英語で説明する練習だと思ってました。

でも話してるとなんか違うんですよね。

「(地図を指差しながら)日本はアジアの東の端っこにあって、島国なんだよ。」

「え!?これ日本!? え! ちっさ!!!」

 

日本がどこにあるのか本当に知らなかったんです。


それどころか韓国との違いもよくわかってなかった。みんな一緒だと思ってた。

 

ドイツのホストマザーも同じでした。日本は知ってるけど、日本って国がどこにあるか、何が有名かなんて全く知りませんでした。というか興味すらなかった。

学校には外国人に人気のお土産として有名なあのキットカットの抹茶味を持って行ったんですが、先生も生徒もまず抹茶すら知らなかった。(美味しい!とは言ってましたが。)

 


このときやっと知ったんです。
あ、日本ってそんな大したことないんだなって。世界的に見れば日本を知らない人なんてたっくさんいるんだなって。

日本が好き嫌い以前に日本のこと知らないんだなって。

 

f:id:marino_dayon:20160705193618j:plain

カメラを見るとポーズをとってくれたおじさんたち。私が日本人だからではない。

 

 

自意識過剰と被害妄想はやめて、その国のありのままの姿を見る

海外に出て日本の素晴らしさに気付くことは大事なことです。
日本の技術と文化はどんどん世界に発信していく価値がある。
日本を好きでいてくれる外国の人がたくさんいること、嬉しいし誇りに思うことです。


でも世界中の人が日本を愛してるんじゃない。


私がドイツを好きだからといって読者の皆さん全員がドイツが好きだとは限らない。
私が韓国にいながら韓国を心から愛しているわけではないように、日本にいる外国人がみんな日本が好きで日本にいるというわけではない。
私達がヨーロッパの全ての国と位置を完璧に知っているわけではないように、地球の反対側の人達にとっては日本なんてアジアの国の一つでしかないということです。


だから店員の態度が悪かったり、何かしら嫌な待遇を受けたとしても、「日本が嫌いだから」なんてことは、ほとんどの場合ないんです。
それがその国のスタンダードなんです。

 

 

f:id:marino_dayon:20160705193455j:plain

ケルン大聖堂付近のパン屋さんはいつも大忙し。愛想をふりまいてる余裕などありません。でもそれが普通。

 

 


一部の国では日本人であることで好待遇をうけることがあるかもしれません。それは本当にありがたいこと。

でもだからってなんでも良くしてくれるのが親日なわけでもなく、自分が不快感を抱いたからといって差別反日であるわけでもありません。

客人に特別親切な国もあれば、接客を重視しない国もある。

 

だからもう、それだけで親日反日だなんて決め付けるの、やめませんか?

 

自分を中心に見るのではなく、ありのままの国の姿を楽しめる旅行が理想だと思います。