読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mariNote-まりのーと-

韓国で大学生してる日本人女子のブログ。

今だから言える、私が日本の大学を選ばなかった理由

f:id:marino_dayon:20160710143247j:plain


ありがたいことに最近、twitterの方で韓国の正規留学に関して質問がくるようになりました。

質問の内容のほとんどは留学について悩んでいる人に共通する内容なのと、140字では伝えられる内容に限界があるので、個人的に返信するよりもブログで記事にしてみんなで共有することにします。

 

 

今回は日本の大学に進学するか、韓国の大学に進学するか悩んでいる方からの質問にお答えします。

 

といっても私は日本の大学には通ったことがないのでメリット、デメリットを比べることができません。韓国の大学の嫌なところはいっぱいあるけどw


でも何かしらできるアドバイスはないかと探していたときに、そもそもなんで自分は日本の大学を選ばなかったんだろうと思うようになりました。

 

私は質問者さんと違って日本の大学は選択肢にありませんでした。でも過去記事に書いたように韓国留学を決めた理由はあるのに、日本の大学を選ばなかった理由ってなんだったんだろうと疑問が湧いたのです。


なので今回はその考えてみた結果わかった私が日本の大学を選ばなかった理由をシェアし、最後に質問者さんへ少しアドバイスさせていただきます。

 

 

 

大学を選べなかった

これは完全に私が悪いです。誰のせいでもありません。

 

高校時代、私は本当に勉強しませんでした。

なのでいざ進路を決めるときに選べる大学が限られてました。自分が行きたい大学!ではなく、あなただったらここら辺のレベルの大学ね、という風に。

 

これは勉強しなかった自分が悪いだけです。
なので高校生、中学生の皆さん、私みたいにならないように今のうちに勉強だけはしておきましょう。

 

 

高校の延長線としか思えなかった

私は高校自体そんなに好きじゃなかったんですよ。

高校生活は楽しかったけど、行かなきゃいけないから行ってる感がすごくあった。

 

勉強も全然楽しくないし、何のために勉強するのかわからなかったから、ただただ成績のために勉強してるとしか思えなかった。
しかも別に勉強しなくても卒業はできますからね。とりあえず学校には通って授業聞いてテスト受けてってしてれば高校卒業資格はもらえてしまう。

 

大学ってところがまだどういう場所か私にはピンときていなかったんですが、多分、日本で大学に行ってもこの状況は変わらないだろうと思いました。

 

とにかく入学したからには卒業しなきゃいけないから大学に行く、でも授業さえ聞いてれば必死になって勉強しなくても卒業はできる、あとはとにかくバイトしてサークルやって楽しんどけばいい。

でも私はサークルとか大人数の輪に入るのが好きではないので、それすら楽しめる自信もなく。

高校のときと同じ様に、嫌々通うことになるんだろうなと思いました。

 

 

環境を変えたかった

「環境のせいにするな」ってよく言いますけど、人間は環境に左右される生き物です。
特に私は影響されやすいと自覚してます。

 

だってみんな楽に生きたいじゃないですか。できるだけしんどいことはしたくない。
したくないし、しなくても許されるならわざわざする必要もない。


大学に行って、周りに流されて、ろくに勉強もせずに、ただただ遊んで4年が過ぎていくんだろうな。
私は意志も弱いから、私だけはちゃんと勉強するなんてことできないだろうな。

もう12年も学校に通ったのでそれぐらいは想像できました。同じ環境で大学では変わる!なんて万人のできることじゃありません。

 

だったら強制的に必死になるしかない環境に自分を置くしかありませんでした。

 

 

授業料に驚愕した

国公立にしろ私立にしろ、授業料高すぎます。

大学は授業料が高いってことはわかっていましたが、ちゃんとした数字で見た時は私の小さな小さな目ん玉ですら飛び出そうになったぐらいです。

 

で、その莫大な授業料を払って大学生がしていることは?


バイト、サークル・・・・・合コン・・・・・?


もちろん勉強する人はしますが、大学の勉強を必死になってやってるイメージは日本の大学にはないです。


こんな授業料を払ってまで勉強せずに遊ぶの?という疑問がありました。

 

 

 

心から行きたいと思えなかった

1度だけ某私立大学のオープンキャンパスに行きました。同級生の付き添いみたいなノリでしたが。

もし行くならここかなと思っていた学部の説明会で在学生の体験談を聞いたりもしました。

 

でも何もときめかなかったんです。

 

行けるなら行きたいな程度。必ずここに行く!なんて微塵も思わなかった。

その大学に限らず、私が狙えるであろうどの大学を調べても何もときめかなかった。ああ、またなんとなく、行かなければいけないから行く大学生活がくるのかとしか思えなかった。

 


当時ははっきりと理由を持っていたわけではないので後付けの理由ですが、でもこういう気持ちがあったから日本の大学という選択肢を捨てたのは確かで、充分な理由になっていると思います。

でもこれは完全に私の個人的な意見です。日本の大学に行かないと決めた"私の"理由です。
なのでこれを根拠に日本の大学には行くななんて言ってるわけじゃありません。


日本の大学か、海外進学かで悩んでる方は「行きたい理由」ばかり探しすぎてどちらも魅力的に見えてくるんだと思います。各選択肢がどんなに魅力的でも「選ばない理由」もあるはずです。それをはっきりさせるのも選択する上で助けになるはずです。


悩んでる方は一度考えを逆にして、なぜ日本の大学を選ばないのか、なぜ海外の大学に進学しないのかも考えてみてください。

 

広告を非表示にする